パーティードレスにお金をかけるか否か

ちょっとしたイベントで、パーティードレスを着る機会があれば、それにお金を掛けるかどうかは結構な悩みどころでもあります。サイズが変わったり、デザインが大幅に変化したり、男性のタキシードなどに比べると、女性のそれは流行もほどほどに左右されますから、着る頻度があまりないのであれば、安物でもいいのかなと感じてしまいます。けれど、いかにも安いドレスって、はた目からでもその光沢感や生地の厚みなどからすぐにバレてしまいますし、女性ですから、いかにもチープな物は身に付けたくないと言う気持ちもあるでしょう。そんな時は、ブランドの元値の良いドレスを古着屋さんから比較的新しい商品をチェックしてピックアップしたり、同様にレンタル店から素敵な一着を選んで当日に挑むのも良いかもしれません。安物ドレスとトントンであれば、古着でもレンタルでも商品自体はブランド品のパーティードレスの方が絶対素敵です。

目立ってなんぼのステキなパーティードレス

結婚式やその二次会、ちょっとしたパーティにお呼ばれしたなら、パーティードレスは素敵な物を選びたいですね。ドレスコードはきちんと守るべきなのが淑女としての務めですが、やっぱり恥ずかしがっているよりは、その場を楽しむ事の方が、人生一期一会ですから、絶対にお勧めです。若いのであればデコルテ位は少し空いても、上品なパールをして、カバーすれば、そこそこ品位を保ちながら、肌の美しさも露出する事が出来るでしょう。あまりタイトで体にフィットしたものは、若い人であれば、ちょっとアダルトすぎるかも知れませんし、立食パーティなどなら、沢山食べすぎるとお腹のポッコリが目立ちますから、ふんわりしたスカードだと可愛らしさもあって、良いかも知れません。でもやっぱり、上半身はちょっと大胆でもいいかもしれません。グローブをするのもオシャレですね。

パーティードレスはシックな黒が好き

パーティードレスに黒と言うと、ちょっと地味でお葬式みたいかなと感じるかもしれませんが、ある程度年齢が若いのであれば、断然ドレスは黒がカッコイイでしょう。ちょっと落ち着いてシックに感じるのならば、肩が大きく開いたものや、背中を大胆に開けたタイプの物など、肌の露出が効いた物なども素敵です。背の高いすらっとした方なら、マーメードラインのタイトなタイプで、足元辺りからちょっと開いたタイプのスカートなどですらっと着こなすのも素敵です。色の付いた鮮やかなドレスも素敵ですが、黒ほどアクセサリーによって自在に印象を変えられるパーティードレスはないでしょう。年に何回か結婚式があるなど、結婚ラッシュの世代の方などは、一着黒があると、何通りか着こなせますから、個人的には断然オススメです。色物と違い、黒だとバックや靴などを選ばないのも良い点です。